赤いにきび にきびの種類には様々な種類があるのではないでしょうか。たとえば、赤いにきびですが、このあかいにきびと言う物は炎症を起こしているにきびのことをいうのです。毛穴の中で増殖してしまったにきびの菌を持っている脂肪分解酵素が皮脂の成分の中性脂肪を分解して、それによって、遊離脂肪酸を作るといわれています。にきび菌からは炎症に関係している白血球を引き起こしてしまう因子が分泌されるとも言われています。この遊離脂肪算と毛穴の周りに集まった白血球が毛穴の壁を壊して、毛穴を中心にして炎症を起こします。これが赤いにきびかも知れません。 赤いにきびはにきび菌が毛穴の中に増えている状態と言う単純な物ではなく、炎症が起きている状態の事を表します。赤いにきびの炎症がもっとひどくなると、毛穴の中に化膿してしまった膿が出てくるようになります。この膿を無理やり赤いにきびから出そうとして皮膚を傷つけて自分で出すと、にきびの炎症はさらにひどくなるに限ったことではなく、皮膚も傷ついてしまいますのでやめるべきです。赤いにきびは熱をもったように赤く膨れ上がっているのが特徴的です。このにきびともなれば普通のにきびに比較すると炎症が起きていることになる為炎症がこれ以上ひどくならないようにケアが必要なのですー